FC2ブログ

ポーダメロン&BB-8アンソロジー「We Can Fly Anything!!」

2019年1/20発行予定のポー・ダメロン&BB-8アンソロジー告知用ブログです。

8/6更新【原稿規定】原稿作成方法について (漫画・イラスト)

★まず、作業環境やお好みに応じて「デジタル」か「アナログ」の
どちらの手段で原稿を作成するかお選びください。

「デジタル」とはパソコンを使って原稿データを作成し、主催宛にインターネットで送信またはCD-ROMに焼いたものを郵送する方法です。
一方、「アナログ」とは紙の原稿用紙を使って原稿を作成し、主催宛に郵送する方法です。

-------------------------------------
【デジタル・アナログ共通事項】

・ページの端いっぱいまで絵などを描く(タチキリ)場合は、必ずタチキリ線(塗り足し線)まで描ききってください。
ただし、切れてほしくないセリフや絵などは仕上がり線(実際の本のサイズを表す線)の内側約5mm以内に収まるように描いてください。
・本文印刷はモノクロとなります。原稿はモノクロにて作成してください。
-------------------------------------
【デジタルで作成する場合】

パソコン上で原稿を作成する手段としては、フォトショップやフォトショップエレメンツ、SAI、クリップスタジオなどがあります。

なお、印刷向けの画像データはweb向けの画像データとは比較にならないくらいの大きさ(データ量)になります。
そのため作業するパソコンにそれなりの動作環境が必要になりますので、前もって、下記の原稿テンプレートファイルが開けるか、また、何枚もレイヤーを重ねてもパソコンが動作するかなどをチェックしておくことをおすすめします。

★原稿テンプレート★8/6更新
印刷所変更に伴い、原稿テンプレートファイルをマツコロ(松本コロタイプ光芸社)さんのものに差し替えました。
本文原稿テンプレートファイル(マツコロさん用)はこちらです。ダウンロードし、解凍の上ご使用ください。psdファイルとpngファイル、グレースケールファイルとRGBファイルのいずれを使ってもOKです。
絵を描ける範囲などはファイル内の「説明」レイヤーの指示に従って描いてください(pngファイルには説明レイヤーはありません。フォルダ内に入っている見本のjpgファイルを参考にしてください)。

なお、8/6にアップロードしたテンプレートファイルとフォルダは末尾に(マツコロ)という文字が入っていますのでそれをお使いください。8/6以前に配布していた原稿テンプレートは仕様が違いますので使用しないようにお願いします。


・原稿テンプレートのサイズはA5サイズ原寸です。(3731pixel×5196pixel(157.95mm×219.96mm)、600dpi)から変更せずに作成してください。
・原稿テンプレートは左右ページ共通です。
・完成した原稿は説明レイヤーや不要なレイヤー(下描きなど)を破棄し、統合してください。また、作業環境上グレースケールが取り扱えない場合を除き、RGBファイルも最終的にはグレースケールモードに変換してください。
・キャラクターの服などの中間色をグレーで表現する際、一般的にはデジタルトーン(アミ点化されたもの)を貼って仕上げますが、グレースケールの濃淡で塗り分けるだけでも綺麗に表現できます。
・デジタルトーンは検索するとすぐに使用できるもの(無料・有料)がいろいろ出てきますが、印刷サイズに適応したものを使用するようにしてください。
ちなみに私はPhotoshop用の基本デジタルトーン(デジタルトーンスタジオ)を使用しています。有料のものですが、ご参考になれば!

・原稿のファイル名はページ順の通し番号にしてください。(「01.psd」「10.psd」など)
短いマンガを2本以上描く場合や、マンガとイラストを両方描く場合には、収録を希望する順番で通し番号を入れてください。基本的にはその番号順に続けて収録させていただきます。
また、Macユーザーの方は必ずファイルに「拡張子」(psd,png)を付けて送って下さい。(主催はWindowsユーザーです)

-------------------------------------
【アナログで作成する場合】

市販の同人誌用原稿用紙(文房具店や画材店で販売されています。メーカーや紙の厚さは問いません)を使って描いて下さい。
データ化の工程を挟む関係上、使用画材は特に制限しませんが、線画は黒一色のペンを使用してください。

・市販のマンガ用原稿用紙にはサイズが2種類ありますが、投稿用サイズではなく同人誌用サイズのもの(用紙自体がA4サイズで仕上がり線がB5のもの)を使用してください。
・原稿は郵送などでお送り頂いた後、こちらでスキャン(取り込み)しデータ化します。その際、上記の原稿用紙を使ってB5サイズで描かれたページをA5サイズに縮小します。
その関係でスクリーントーンにはモアレ(まだら模様)が出てしまう可能性があります。
モアレを出したくない場合の対策として、・なるべく目の粗いトーンを使う ・トーンの使用は控え、ベタやカケアミなどでグレーを表現する などが挙げられますが、データ化の工程を挟む関係上、極端な話ですが、コピックなどの画材でフルカラーに塗った原稿でもグレーに変換して再現することが可能です(原稿スキャン後こちらで明るさなどの補正をさせていただきます)。
・原稿用紙の下部の欄外(印刷に出ない部分)に、ページの通し番号を入れてください。
短いマンガを2本以上描く場合や、マンガとイラストを両方描く場合には、収録を希望する順番で通し番号を入れてください。基本的にはその番号順に続けて収録させていただきます。
  1. 2018/07/07(土) 12:19:08|
  2. 参加者様用